ガス衣類乾燥機の乾太(かんた)くん。

こんな人にオススメ!

  • 花粉症の人
  • 洗濯物が多い
  • ベランダに干せない(干すスペースがない!)
  • 共働きの家庭

わが家にガス衣類乾燥機の乾太くんを導入するきっかけになったのが家族が増えて洗濯物が増えたことです。

1日2~3回は洗濯機まわしてます。浴室乾燥機もありますがそもそも干すスペースが全然、足りません😢
しかも、脱水から完全に乾くまで3時間ぐらいかかる・・・。

当時、衣類乾燥機について調べまくりました。

 

 

乾太くんのメリット
時短(干す手間が省ける)
洗濯物に虫、花粉がつかない
柔軟剤なしでもタオルふかふか
お天気関係なく、いつでも洗濯できる

乾太くん、購入した当初はお天気の悪いときや冬限定で使うつもりでした。
ですが、もう洗濯物を干すのが面倒くさくなり、毎日使用中😏

シーツや毛布も乾燥できるのが本当にいいです。
部屋にそんな干すスペースもなければ、ベランダも狭い・・・。

コインランドリーに行くことなく、おうちで乾燥できるって素晴らしい♪

 

 

乾太くんのデメリット
ガス工事が必要
衣類乾燥機の乾太くん(本体)は結構高い

なんといっても、ガス衣類乾燥機は導入するにあたって、初期費用が高いことが1番のデメリットですね。ちなみにわが家ではわりと珍しい??マンションでの屋内設置を後付けで実現しました。

ガス工事はガス栓の増設です。キッチンのガス栓を分岐して洗面所までガスを引くという内容の工事をしました。
今のマンションに引っ越す前はベランダで乾太くんを使用していました。

ガス栓の増設工事は資格のある人じゃないとできないみたいです。

ガス衣類乾燥機の乾太くんを導入を検討される方はお近くのガス屋さんへ、ガス衣類乾燥機の乾太くんが使えるかの相談も兼ねて見積もりをとってもらうのがいいです。私が依頼したガス屋さんは親切に設置や工事にかかる費用や安全面、他にも面倒な質問にも答えていただけたので、安心してお任せすることができました。

 

注意点!

デリケート素材の大切なお洋服はハンガー干しにしましょう!
失敗談として、もこもこ系の部屋着をかなり縮ませてしまった経験があります😓
(デリケートコースを使ったのに)

当然ですが、次の引越先で必ず使えるとは限りません。
引越の予定がある方や転勤があるかもしれない方はよく検討しましょう。


気になるガス代ですが、カタログによると1回あたり5kgで63円8kgで102円だそうです。
そんなにガス代が増えた感じはないのですが、どんどん使ってます。乾燥中はずーっとガスが
燃費されているわけではなく、ガスの温風と送風で乾燥しているとのこと。

干す手間も省けて、カラッと洗濯物を乾かしてくれるなら、多少のガス代もまぁ許せるかな??

乾太くんで乾かしてはダメなもの

絶対にダメではないけど、なるべく衣類乾燥機は控えたほうがいいものです。

  • ガーゼ、麻などの洋服、ハンカチ類
  • 水着
  • レースやビーズがついているもの
  • ニット系

ガス衣類乾燥機は標準コースではかなり高温の熱風で乾燥されます。熱に弱い素材のものは入れないようにしましょう。

やむを得ず、使う場合はデリケートコースを使うと衣類の傷みは軽減されます。乾燥機の温度センサーが働いて中が高温になりすぎないように調整しながら、ガスと送風で乾燥させていきます。

上でも注意点でも書いたようにもこもこニット系はかなり縮むのでそれだけは乾燥機使わないほうがいいと思います。くれぐれもご注意を。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事