冷凍餃子

皆さん、餃子は手作り派ですか?冷凍派?それともチルド品派??

わが家は冷凍餃子を買って焼く派です。手作りの餃子は子供と作ると楽しいし美味しいのは分かっているんだけど、準備も大変だし、たくさん作らなきゃだし、なかなか気軽には作れません。

今はもっぱら冷凍餃子のお世話になっています。

そんな冷凍餃子をおうちでうまく焼く方法を記録しておこうと思います。

おすすめの冷凍餃子

A-プライスで購入しているEAST BEEの冷凍餃子がコスパがいいです。50個516円
9/2から値上げされ572円に。以前はコストコで同じぐらいの値段の餃子をよく購入していましたが、最近はこっちの餃子を買うことが多いです。

EAST BEE(イーストビー)とはA-プライスのオリジナルブランドの商品です。

 

羽つき餃子の焼き方

パリパリっとした食感がおいしい羽つき餃子。以前は難しそうでチャレンジしたことなかったけど、意外にも簡単に作れるようになったので今は羽つきでつくることが多くなりました。

準備するもの
冷凍餃子、小麦粉(大さじ1)、水150cc
あらかじめ水150ccに小麦粉を溶かしておきます。
  1. フライパンに油を引いてよく温めておく
  2. 餃子を並べ、強火で焼き色がつくまで焼く。
  3. 水溶き小麦粉を一気に流してフタをする。
  4. 3分弱火で蒸し焼きに。
  5. フタを空けて強火で水気がなくなるまで焼く。

鉄フライパンで作る羽つき餃子

 

 

 

 

 

 

 

水気がなくなる直前にゴマ油をほんの少し垂らすと羽がこんがりいい感じに焼き上がります。

ちなみに使っているのは4年前に購入したリバーライトという鉄のフライパン。鉄のフライパンは熱伝導と蓄熱性に優れているので冷凍の餃子をたくさん並べてもフライパン温度が下がることなく焼くことができます。調理後もこびりつくことなく、とくにこれといったお手入れなどもしていませんが快適に使えています。

羽つき餃子

 

 

 

 

フッ素コーティングとかがないから金属ヘラもがんがん使えます。このフライパンはとても気に入って使っているので卵焼き用の(大)サイズも買い足してヘビロテ中です。

フライパンについてはまた別の記事にまとめます。


スポンサーリンク
おすすめの記事